間接法と直接法






間接法と直接法 その違い

間接法直接法

間接法

間接法は患部に対して1つ間に入る施術方法です。

例えば、
副交感神経の働きを得るために、第10脳神経の圧迫を取り除きたいので、環椎と後頭骨の間を手技で減圧(環椎後頭関節の動きと呼吸システムを統合)する。この結果、第10脳神経と静脈の通路が広がり脳脊髄液のめぐりが良くなり、交感神経の緊張度を下げ副交感神経(リラックス)の緊張度を上げることができます。

直接法

直接法は手技で患部を直接矯正します。

例えば、
・関節のズレを矯正するため手技によるアジャスト
・筋肉の腹への起始部
・付着点のテクニック
・関節の柔軟性を取り戻すための減圧
などです。

間接法の例

タッチフォーヘルス

心経(心臓)リンパ点にしっかりとマニュピレーションします。すると施術後には、ご本人に測定してもらうと、血圧が安定しています。

たいていは数分以内に好転した変化が確認できるため、びっくりします。
これが適応しない人は、背骨が固まってしまっている人です。

直接法の例

カイロプラクティックによる、アジャヤストメント(骨の矯正)

矯正音がするときもあるし、矯正音がなく骨が動きを取り戻すときもあります。

神経系に働きかけるため、瞬間的に気持ちがいいです。

その後、神経修復作用により、今までたまっていた疲れがどっと出て眠くなります。

疲れから回復すると、症状が激減していることに気がつくでしょう。

予約方法予約状況


営業:営業日


    お問い合わせ

  • お問い合わせ