自律神経・副交感神経






自律神経・副交感神経

整体には副交感神経の働きを助ける効果があります。


簡単に交感神経と副交感神経の働きを記載しますと、

自律神経・副交感神経

 交感神経系はストレスの多い状況にはたらきます。血圧、心拍数を上げ、そして消化管、皮膚への血液量を減らして筋肉(骨格筋)への血液供給を増加。瞳孔と細気管支を拡大させ、視覚と血液への酸素供給を増加、そして肝臓でのグリコーゲン分解と脂肪組織での脂肪分解により必要なエネルギーを発生。筋肉(骨格筋)を中心とした組織において豊富な酸素とグルコースが供給される一方で、皮膚や消化管へは供給が乏しくなります。


 副交感神経は安静時にはたらきます。消化管機能(消化管運動、消化液分泌)、排尿機能、心拍数を減少させ、血圧を下げ、皮膚と胃腸への血液を戻し、瞳孔と細気管支を収縮させて、唾液腺分泌を刺激。回復と省エネルギー化に向かう作用です。


整体で脊髄神経の圧迫を取り除く(減圧)ことで、ゆったりとリラックスを感じることでしょう。

予約方法予約状況


営業:営業日


    お問い合わせ

  • お問い合わせ