施術例続き






当院の整体例

主訴が、肩の痛みでいらっしゃった患者さんの整体順序を考えます。
(注)全ての方がこの順序で当てはまるとは限りません


痛みを、0から100まで表すと、患者さんは90、70、65、55、40と下記に数値で表します。この場合、患者さんにとっては問題点「肩こり」をとることができればいいのですが、身体全体に目を向けるとそうではありません。
全身症状


整体優先順位としては、

まず始めに

全身に最も影響を及ぼしている土台となる仙腸関節を修正し

2番目に土台の柱となる下半身の歪みを整え

最後に上半身の整体になります。


整体の順序は重力と骨組を考慮した順で行わないと

身体全体としてはバランスが取れません。

はじめに、骨格の土台を整体し、

次にその周辺部、

次に土台の支柱その周辺の整体

次に痛みで気になる部分とその周りの整体。


思いもよらなかった整体の順番ではないでしょうか?

肩の痛みが問題でも、1番初めに腰から整体をするのです。


身体の循環が活発になり、
痛みが気にならなくなるのと同時に、
さらに 再発しにくくするためには、
総合的にバランスをとる視点で行わなければなりません。

そうすればますます身体が軽く感じられますよ。