前後の注意点パート2






整体後の好転反応

整体後は血液の循環が良くなるため、全身の温度が上昇します。
一時的にかゆみを感じることもあります。


疲労を感じる人もいます。
血液の循環が良くなると、副交感神経の支配が大きなり身体が休息を取ろうとするためです。


また新陳代謝が活発になるため、身体の老廃物毒素が排出されます。


体内に毒素や老廃物をたくさん蓄積させている人の中には、施術後か直後に何らかの症状、例えば、頭痛、寒気、吐き気などを訴える人がいるかもしれません。


こうした反応は、良くなるしるしで、施術が効いているあかしです。
物事は良くなる前にいったん悪くなるものです。

一歩踏み込んで、深い心理面(深層心理)では、好転反応は「すぐに良くなってはならない!」と潜在意識が反応しているといわれます。


■出血点について

吸玉療法や足裏では、出血点が出る場合もあります。
血液が大量に循環の悪い血管に流れ込むため、または毛細血管の滞留した血液が1箇所に集まってくるため、毛細血管の先端が内圧に耐えられず破状し内出血を起こします。
血液の流れは改善されています。
出血点は1週間くらいで消失します。


■疲労感
身体の大掃除をしたため、身体が疲れ、かなり時間がたってから疲労感を訴える人もいるかもしれません。施術を繰り返せば疲労感は自然に消えていきます。

最後に心と身体が関連している秘密(シークレット)をお話しします。

整体後の秘密のページへ