腰の歪みによる痛みの説明






骨盤や腰の痛みの問題

 骨盤矯正の時に多くの割合で歪(ゆが)んでいる筋肉を紹介します。

大腰筋

大腰筋

特徴は、腰椎の前湾を作る筋肉です。弱化して長期間ほったらかしにしていると、胸椎の後弯がなくなっていきます。すると、ロベットブラザーの法則により、時間をかけて首の問題が生じていきます。

腸骨筋

腰方形筋

骨盤を前方へ傾け保持しています。頚椎、リンパ、仙腸関節の問題が多くの割合で関与します。

腰方形筋

腸骨筋

背骨の直立を保持します。股関節、リンパ、腰椎の問題が関与します。側湾の方には検査するべき筋肉です。

拮抗バランスとは?

大腰筋&腸骨筋は、腰方形筋と対になります=拮抗筋(きっこうきん)

  • 長時間立てない
  • 歩くと疲れやすい
  • ぎっくり腰になりやすい

など、腰に問題がある場合は、筋力の左右バランスをチェックする必要があります。

そして、20回連続して運動しないうちに弱くなるような筋力では、日常生活=バランス悪化になります。もし左右片側に弱る筋肉があるとしたら、ますます腰を痛めそうです。弱い筋肉がある場合、適切な回数の筋力トレーニングが必要なときもあります。

予約方法予約状況


営業:営業日


    お問い合わせ

  • お問い合わせ