テンセグリティ tensegrity 整体の不思議 疑問 解決






テンション=張力
インテグリティ=統合
張力により成り立っている構造のこと

テンセグリティ tensegrity

テンセグリティが成り立っていると、重いものを乗せてもビクともしない。
物理的に引っ張り合う力で成立している。

柱で何かを支える、という考え方ではない。
骨が体を支えているのではない。
骨も張力の一部。
筋肉も張力の一部。
骨と筋肉を区別しないで考える。
張力で成り立っているテンセグリティの構造は、分子・細胞・骨格等、自然界の中に多く存在する。
生物の分子、生物の構造にもかかわってくる。
骨と言う柱を、筋肉、皮膚が支えているという考え方ではなく、骨すらも張力の一部。
筋肉が骨のような役割をするときもある。
骨が筋肉のような役割をすることもある。

細胞1つ1つもテンセグリティで構成されている

毛細血管・筋膜・ファシア・皮膚すべて張力という捉え方が出来る。

身体のテンセグリティ構造が崩れてしまうと、一部に負担がかかってしまったり、血液・リンパの流れが悪くなったりする。

テンセグリティが崩れると、痛み・不調につながる。
テンセグリティが改善できれば、痛み・不調が解決していく。

具体的に体にどう影響があるのか?

実験
テンセグリティが正常な状態。
1個だけしか固定しなければ、他が動く。
関係ないところの張力が失われたとき、動きにくくなる特徴がある。
(張力 テンセグリティに異常がある状態)

押しててかたいと、かたい所が悪いと思う。

問題が起こっている、と頭で認識している点。
張力が失われている点。
この2点は別の場所。本当の問題はどちらでしょう?

膝が痛いからといって、本当に膝が原因ですか?
違うところの張力が失われていることがあるのではないでしょうか?検査してみてください。

複雑系とは?

自然・脳・生命現象・生態系・気象現象等多くの要素がお互いに影響しあっているものは、基本的に予測不可能とする考え。
計算できない、と考える学問。

1か所止めると、どこが動きにくくなるのか?
めちゃくちゃ複雑な構造をしているのが人間。

単純化した仕組みが数値化できないのに、人間の身体が論理的な構造になっているのだろうか?

結論

問題の箇所は問題ではない。

本当に不思議です。

× 姿勢を良くする。
× ゆがみを取る。

〇 テンセグリティが整っている状態であればゆがみも問題はない。
〇 テンセグリティが健全な状態 = バランスが取れている


テンセグリティでバランスを保っている人形 inzaneresearch

一般的なバランスを整えればいいでしょ、というものとは違うもの。

一番手っ取り早いのは、何も考えずに、テンセグリティを整えること。

テンセグリティを調整できる絶対法則
片方を止めて、片方を動かす
起点と支点の2点がないと出来ない
2点間を前提にする
片方止めるがないと、分からない。絶対法則(片方止めて、片方動かす)があるからスキャンできる。
身体に2点間は無数(無限)に存在する。

中でも効果ある5つのブロック(フラクタルポイント)

1.頭蓋
2.脊椎・肩甲骨
3.内臓・骨盤
4.指・ひじ
5.下肢・股関節

不調に対してあまり影響しない2点間もある。
5倍おいしい2点間もある。
全身に効果が波及する、波及ポイントがある。

フラクタルポイント

自然の中に隠れている法則
日本語にすると自己相似という意味

簡単に言うと、頭のココと足のココは同じ構造です、など。
まるで共鳴するように反応。
フラクタルが発動する部分を見つけ出す。

STEP1

片方の手を止めて、片方の手を動かす
クライアントさんの身体が動かない強さで触り遊びを取る
分からない場合は服を少し引っ張る程度

STEP2

動きにくいところでねじりにくい方を探す(手を少しだけねじる、時計、半時計)

STEP3

術者が息を「吐く」 2秒止めて「吸う」
息を吸うときにねじった手を戻さない

不健全な状態(張り詰めた状態)を崩す(緩める)ことで健全な状態にする。

不調を特定できる秘密を解き明かした

さすった時に動きにくいところは内部で何かが起きている。

スキャンの大事なことはクライアントさんの自覚していない、不具合・不調・不健全な部分を見つけてあげられる。施術側が変化を見つけてあげられるから「こういうところ良く泣てますよ」クライアントさんが変化を感じにくい状態でも、「こういうところ良くなっているから心配しなくていいよ」「良くなっていきますよ」と施術側が実感してあげられる。

---------------皮膚
張力-^---筋膜
張力--^--血管
張力---^-骨格筋

「 ^ 」が固い部分。

全ては張力だ、ということにしてしまう視点であれば、筋肉・体液・ファシア等、問題が起こっている部分を細かく特定する必要がない。

下の何かに負担・問題が発生している。





痛い方しか見ない施術の場合、テンセグリティを取り入れて違う結果を出すことができる。
症状のある方とは反対を調整して痛みが取れたりする。

ちょっと動くと、服にこすれていたい。
なるべく体はそのままで動く、つらい。
腰痛専門の病院へ行ったところ「手術しても治らない」と言われた。
手術をしたいのであれば病院を紹介する、と言われ
先生、それじゃあ、その手術をすれば、治るのか?と医者に聞いたら。
とりあえず治る方もいるし、再発することもある。
パアッーっと気持ちが明るくなるような回答は得られず、凄い不安な場合、テンセグリティを疑え。



腰、と言っても腰だけじゃない
全身を総合的に施術

手技は毎日毎日進化します。
いかにどうしたらクライアントさんが良くなるのか、どんどん手技が進化されていきます。

内臓が原因であれば、肩痛・股関節痛・ひざ痛が改善することもあります。